FC2ブログ

その障害年金請求って社労士に依頼する必要あるの?

自分はまだ審査結果が出ていない状況では有りますが、

個人的な経験則から結論を言うと
「診断書」が一番大事だと思っています。

診断時に主治医に「障害年金に該当する可能性がありますか?」と聞いてしまうのが良いと思います。

診断書が年金需給要件を満たしていれば値段の高い社労士に依頼する必要も必要なさそうです。
(どうしても書類記入が難しい場合は除く、値段と手間のバランスですが)


主観ですが
運転免許更新ご自身でできますか?
住所の転居転入手続きご自身でできますか?

書類はこれより少しだけ敷居が高いくらいです。

初回相談は年金事務所に言って受付で用件(障害年金申し込み)を言って
番号札を貰って窓口に通されて制度の説明を受けて書類を貰う

これだけです。

自分で作成する必要がある書類は
「職務経歴書を書いたことが有る人」ならご自身で作成できます。
診断書内容と整合性が取れていれば大丈夫。


■審査基準の高い比重を占めているのは「診断書の記載内容」であると実感
私がなぜ社労士に依頼する必要が無いと考えるかと言うと

①主治医に自分の状態が障害年金該当するか聞いても
・該当する
・年金落ちない書き方も基準も知っているので私が診断書書く場合は障害年金通ります
と言われましたし

②年金事務所でも
・「点数的」には2級か3級に該当する。
と言われました。

以上からおそらくは主治医が書いた診断書の選択項目部分
「補助を必要とする。/自発的にできる。部分を点数化+コメント部分の内容」
で等級の判断をしているものと推察されます。
(コメント部分って明確な点数つけ難いですよね?)


■以上の推察から障害年金を受給には
・主治医によって(診断/等級)が変わる
・主治医が低い点数を記載する場合は病院を変えてでも診断書の点数を上げてもらう
(悪く言うと質疑に対して点数を上げる応答を意識する)
・主治医が低い点数を記載する場合は社労士の力を借りて診断書の点数を上げてもらう

点数が足りている診断書が有る上で
その内容に相当する「病歴・就労状況等申立書」を自身で記載する必要が有る。

そもそも
どの病院に行ってもでも点数が足りていないならば、本当に条件外なのだと思います。あきらめてください。


■障害年金手続きの難易度的には
・市役所で転入届けの提出または住民票の発行する程度の手間
・職務経歴書を手書きで書く程度の作文(鉛筆かシャープペンで記載)

これだけの作業で10万円も20万円も社労士に払う価値を感じません。
ましてや鬱病ニート(スネかじり)になってから
金欠…そして暇…

自分でやってみたらどうでしょうか?
判定が出てから書類内容の訂正⇒再提出もできるみたいですので。
(ただし審査3ヶ月落選+再審査3ヶ月程度の時間を無駄にします。)


■社労士のおかげで障害年金が受給できるケース
・主治医が低い点数を記載する場合は社労士の力を借りて診断書の点数を上げてもらう
・自身で作成する書類に不備がある場合

■まとめ
主治医にどのレベルの診断書を書いてもらえるか?障害年金の診断書を書いた経験が豊富か?
確認したうえで、体調が良い時にゆっくりと書類を書けば良いのでは?と思ってしまいます。

ケースバイケースですが再審査で時間ロスした場合に社労士に任せてすぐ通ってたたほうが初回審査期間(3か月程度)分長くもらえる。ので社労士を完全に否定するものでは有りません。
有る程度のお金がある人はプロに任せれば間違いないと思います。

ただし、社労士に依頼して落選もありえます。

主治医にしても、社労士にしても
障害年金の感覚を持っている人にお世話になるのは絶対に必要だと思います。

本来専門外なので当然と言えば当然ですが
「それは年金事務所の判断するとこだから…」とか言う人に頼ってはいけません。

障害年金診断書の経験がある医者、社労士なら有る程度の判断感覚が絶対に有るはずです。
その感覚、基準を持って無いならば
「障害年金に相当する診断書は絶対に書けません」

これで医療費1割負担になりました!

自立支援医療診断書 / 精神障害者保健福祉手帳 の申請に市役所で手続きをしてきました。
自分の場合の必要書類は以下8点でした。

①自立支援医療(精神通院)支給認定申請書
②障害手帳申請書
③診断書(精神保健福祉手帳用)
④同意書(自立支援医療の所得確認のための同意書)
⑤保険証(ご本人のもの)コピーでも可
⑥写真(縦4センチ×横3センチ)
⑦印鑑
⑧マイナンバーの確認書類

以上を提出して申請完了。
提出にかかった時間は30分程度でした。


手元に戻るのは
・「自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書の複写控え」
・「障害者手帳申請書の複写控え」

この「自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書の複写控え」があれば
・控えで1割負担にしてくれる
・控えでも一旦3割負担にして、正式な書類?が届いたら差額を返金
のどちらかになるようです。これは病院/薬局によって対応が異なるようですので各自確認ください。

これで一通りの申請が完了しました。
・自立支援医療費(精神通院)支給認定
・障害者手帳
・障害年金
これらの申請はおおむね3ヶ月前後で正式に審査が完了するようです。

明日から暇人…
いやっ!旧住所の引越しがありました
ほとんどゴミしか残ってませんが片付けしないとなぁ

退去が2ヶ月前申告でしたので結局急ぎじゃないんですが
旧住所遠い…(*´~`*)

しばらくはうつ病患者らしくおとなしく廃人になります。

障害年金の申請完了から支給までの予定

本日心療内科にて障害年金診断書の修正も完了して
郵送で年金事務所へ発送しました。

これで障害年金関連の提出書類は全て整ったことになります。

前回年金事務所に行った際に受け取った
「年金請求書(国民年金・厚生年金保険障害給付)の受付控」
によると

「審査結果は受け付け日から3ヵ月半以内にお知らせするように努めております。」
やむを得ず審査期間が超える場合は連絡するとの事。
本日24日投函なので1月中には年金事務所に到着。そして到着日=受付日


■順調に行って審査が通るとスケジュールは以下の様な感じになるとの事です
【1月】 受付完了
【2月】 支給期間の開始
【3月】 
【4月】 
【5月】 決定通知(5月15日で三ヵ月半経過)⇒もしくは落選通知
【6月】 支給(2月~5月分をまとめて6月15日に振込み)
【7月】 
【8月】 支給(6月と7月分を8月15日に振込み)
……以下偶数月に2か月分振込み


自分の場合は厚生年金の方で3級か2級で年間で倍くらい差がありました。
計算方法は理解不能で人類史上いまだ解明されていないとのウワサが…。

自分のケースではざっくり計算で以下のいずれかに当てはまりそうとの事です。
【上】2級 年間120万前後(人によるがほぼ最低ランク)
【中】3級 年間60万弱(人によるが自分は最低ランク)
【下】障害手当金(一時金) 一括で115万円!以上終わり。

人によって更新は1年更新~5年更新との事でしたが
気がついた…

3級が1年で終わったらランクが下の障害手当金(一時金)の方が高い…
3級は最低2年更新なのか…な!?
でないと総額が割に合わないですし。

話をしたニュアンスでは「2級か3級に相当する得点の診断書」だったそうです。



あくまで素人が聞いたメモですので参考程度の情報と受け止めてください。
詳細は各自年金事務所に問い合わせしてください。

本日一緒に障害者手帳の診断書も受け取ってますので
明日は市役所に行って障害者手帳の申請してきます。証明写真を撮るのでついでにマイナンバーカードも申請しよっ

処方薬も効いているのかもしれませんが
抱えていたタスクをこなして身軽になっていく事で少しずつ気が楽になってきています。(o‘∀‘o)*:◦♪

一年後なんて生きてるかわかんないですよ

昨日年金事務所に行ってきました

予約した15時に合わせてちょっと早めの14時45分に到着
初めての支店だったため、またアンケート用紙を記入
それから呼び出しされたのが15時15分頃でした

窓口に通されると早速準備していた資料の提出

ここで問題発生

どうやら主治医に書いてもらった診断書の「初診日の日付」が違うらしい

自分の場合は不眠症からの事後重症でうつ病であり、
主治医は「うつ病診断日」

を初診日として記載していましたが、どうやら事後重症の場合
正しくはうつ病の元となった「不眠症の初診日」らしいです。


診断書も揃わないと「受付ができず審査は進まない」との事。

・引越ししたばかりで通院は前住所付近、片道1時間ちょっとかかっている
・うつ病で一時間の電車移動って精神的にも肉体的にもけっこうな負担
・内容的には問題ないのなら今修正してはダメなのか?
と聞いたところ

・主治医の訂正印が必要
・年金事務所から郵送で修正依頼しても良いけど受理まで1ヶ月くらいかかるかも
・書類が全部揃ってから審査機関は目安で3ヶ月~最大で1年かかる人もいる
との返答でした(この間何度か担当者は離席して確認していた)


ここで昨日後悔の一言…

「一年後なんて生きてるかわかんないですよ…」
(ちょっと確認してきますね…で担当者は離席)

交渉の材料でお役所への圧として言ったのか?
明るく振舞っていてもこれがうつ病患者の本音なのか?

自分でもわからない…
担当者のおばちゃんにも申し訳ない…

思わず口から出た言葉に考えさせられますがおそらく本音です。


日があけて改めて考えると
「うつ病患者としては絶対に死なない」と心に決めるくらいに
「死を意識している」と感じます。

そしてやっぱり一年後に生きてるかはわからない
やっぱり自分は今うつ病の様です。

明日は障害年金の申し込みの日

心療内科の先生から既に診断書は受け取りました。
各自の状況で必要な物は異なるようですが、
自分の場合では申請に必要な物は以下の7点でした

①年金手帳
②住民票
③印鑑(認印)
④請求者名義の通帳またはキャッシュカード
⑤診断書
⑥病歴・就労状況等申立書
⑦本人確認書類(運転免許証)

持っていれば精神障害者保険福祉手帳も提出するそうです。

最大の問題は自分で記入する
「病歴・就労状況等申立書」

この「申立書」の読み方は人類史上いまだ解明されていない…
しんりつしょ?:(´◦ω◦`):

google先生に聞いたら
「もうしたて」らしい

「申し立て書」なら読めるわっ!読みにくいわっ!Σ(´Д`*)

「病歴・就労状況等申立書」に記載する内容としては
時系列に沿って大きく以下を手書きで記載する。
申請時に修正が入る可能性が有るみたいなので
エンピツかシャープペンでの記載するように言われてました。

・就労状況(勤務状況)
・病症(病気の状態)
・障害認定日の病症
・請求時の病症

PCでの資料作成に慣れていると手書きって疲れますよね…
ざっくり言うと
職務経歴書に病気の状態を足したような書類でした。

職務経歴書と当時の所属会社の勤務表、お薬手帳(通院履歴が無かったため代用)を見ながら
もくもくと事務作業。

手直しは入るのでしょうがやっと完成しました!
頭が回らないのと、もともと手書きが苦手なので疲れた…

サッカー日本代表最後まで見たいけど
寝そうです…(´д⊂)

 | ホーム |  次のページ»»