FC2ブログ

鬱病とSNSの付き合い方を考える

鬱病の状態でツイッターするのは

有る程度のフォロワー数がついてくると

全部まともに受け止めてると何もできない
適度に受け流すの大事

たぶん
人生においても同じ

自分の発言すら覚えて無い様な
無責任な奴の言葉を真に受けてはいけない


鬱病との闘いは希死念慮との戦いでもある
ツイッターで今まさに戦っている人がいる

人間って年をとると

良い意味でも
悪い意味でも

人が死ぬ事に慣れてしまう

「死ぬなんて言わないで。死なないで欲しい」と
「自分は死んでも良い」の

矛盾を常に抱えている


SNSの自分は
矛盾を常に抱えている

リアルな自分は
「もう人生終わった」
「どうでもよい」
が本音な気がする


とりあえず
障害年金の審査結果が出るまでは
生きてみよう

その後の事は
その時に考える
今はそんな心境

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |