FC2ブログ

障害年金申請について 初回相談

最寄の港北年金事務所に書類を貰いに行ってきました。

まずは予約していた14時をちょっとすぎて年金事務所に到着。(引きこもりにはペダルが重い…まわせ小野田くんっ!)
受付で番号札を貰い窓口へ通されました。

・年金手帳、運転免許証(顔写真付きの本人確認)を提示
・障害年金の資料をもとに制度の説明を受ける。
・自身の状況に合わせてお医者さんに書いてもらう「診断書」を受け取る

空白の診断書って医者の手元には無くて年金事務所で貰うんかっ!?((((;゚Д゚)))))))

下記説明は何回も聞きましたがすごく難しくて自信なし。つづきはWEBで。もしくは自分で聞いて。
大きく分けて以下2種類の請求があり、いくつかパターンがあるのを大枠でざっくりと。

■事後重症による請求(パターンD:診断書1枚GET)
①初診日から1年6ヶ月後が認定日
②認定日から3ヶ月以内の通院で障害年金に該当しない症状と診断
③月日が流れて該当するくらいに悪化した
⇒「現在時点の症状診断書」を書いてもらいここから年金スタート

■障害認定日による請求(パターンA:診断書1枚GET)
①初診日から1年6ヶ月後が認定日
②認定日から3ヶ月以内の通院で障害年金に該当する症状と診断
⇒「認定日から3ヶ月以内(かつ現在時点)の症状診断書」を書いてもらいここから年金スタート

■障害認定日による請求(パターンB:診断書2枚GET)
①初診日から1年6ヶ月後が認定日
②認定日から3ヶ月以内の通院で障害年金に該当する症状と診断される
③月日が一年流れ
④あかん。請求しましょ
⇒「認定日から3ヶ月以内の症状診断書」と「現在時点の症状診断書」を書いてもらい一年分遡って請求できる

■障害認定日による請求失敗(パターンC:診断書2枚欲しいのに1枚しかない)
①初診日から1年6ヶ月後が認定日
②認定日付近から3ヶ月以内は通院せずに月日が流れ
③請求しましょ事後重症として
⇒「認定日時点の症状診断書」が必要だがその期間通院していないので診断書も書けない
⇒「現在時点の症状診断書」を書いてもらいあきらめてここから年金スタート

上記のどのパターンにあてはまるのか聞かれましたが…
こちらから聞くまで「うつ」と言われていないので知らんがな
主治医と相談して診断書を書いてもらいます。(空白の診断書2枚GET!!)

診断書2枚の場合は診断書料金も2倍!(病院によって違うが高いらしい…1枚あたり5千とか1万とか)
素人である自分の認識メモですのでおじいちゃん、おばあちゃん
「ネットに書いてあった」って主張やめてね。素人が書いてますよ~(=∀=)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |