FC2ブログ

小さな病院の大きな主治医

無事に依頼していたうつ病診断書を受け取りました。

診断の中で
主治医に現時点の不安な部分について聞かれ

・現時点で社会復帰の未来が想像できない
・障害年金をもらえなかったら無理そうでも社会復帰しなくては生きていけない
・療養の時間(お金)が足りない

などの思いを伝えると主治医から

「現時点で社会復帰はまだ早い!」
「障害年金は大丈夫!出るから!」
「私が書いた診断書で障害年金申請を落ちた人いないよ!」

とまで言ってくださり
すごく安心しました。

こころのどこかで
仕事したくないだけ…
休みたいだけ…
怠けているだけ…
ちょっと状態良くなったからもう働かないとダメかも…

そう思っていたからこそ
主治医に相談して不安が解消されている様な実感があります。

小さい病院にも良い先生はいる!

外科手術して入院するなら設備が必要でしょうし結果的に大病院に案内されるのでしょうが、
心療内科、精神科についてはまずは小さな病院でも良いのではないでしょうか?
(本当は入院と言われましたが自ら入院を拒否してます。本人の意思を尊重してくれた)

午前最後の診断後だと
かならず近所のファミマ喫煙所でばったり会う主治医
少なくとも自分に合っていて、症状が良くなっていると感じています。

今病院を変えるのはリスクが有る様に感じてますので
片道最短1時間、時間によっては1時間30分…通います!


昨日は通院後に旧住所の片付けをしていて
久しぶりに外食
松屋の牛丼がすごく美味しく感じました

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |