FC2ブログ

明日は久しぶりに心療内科通院です。

ここ数ヶ月で飲み損ねた薬が溜まっており、前回薬局で余り分の数を数えるように言われました。

薬の種類が変わらない様であれば一旦数の調整を行うとの事です。
だがしかし…既に自立支援の申請をしたため明日の通院から一割負担だから…

どうせ数百円…
どうでもよい…

一応ちゃんと数えて明日に備えますけど

最近は特に朝起きなくても困らない生活(スネかじりニート)をしており、
睡眠導入剤と眠りが深くなると言われた薬がほとんど減ってません。

そして起きなくても困らないのに
ちゃんと午前中に起きてます。

なんだこれ?

もしかして「朝起きなくてはいけないと思っている事」もストレスだった!?

少しずつですが健康に向かっているような感覚があります。
このまま一生ニートをしていたら健康な気がします!!

もうなんなら一生ニートでも良いです。
障害年金を2級でください。それだけが望みです。

ツイッターを信用するな!?近々のチャートを考察

学びの大切さは痛感しつつも
ツイッター界隈の情報を信用していると痛い目に合いそうと思った話
(そもそも投資は自己責任であり、参考にはしても盲目的に信用はダメ絶対。)

ボラティリティが少ない中でもしっかりと日次プラスの報告を上げている人たちがいます。
・ポジショントークが多い
・ポジションを取るための逆トークも多い
(と予想しています。でないと収益プラスっておかしくない?って日がある)

あとひどいところでは
・もしくは収支そのものがフォロワー集客のためのウソ(note販売のためなど。の可能性も有るよね)
・ビットコイン4万幅上がった程度で退場している人もいるし(ストップ無しでレバレッジ高すぎない?)

近々で4万幅ダウンは日常的に起きています。4万幅アップは久しぶりではありますが、無警戒でショートしていたのでしょうか?
一旦スキャ勢の真偽はさて置き


自分の中心にしている時間軸のデイトレ的考察していきます。


■4時間足で考察まとめ
・たしかに長期的目線では下落トレンド優勢なのでポイントでショートしていれば勝てる相場でした
・振り返るとやはり下落優勢
・ラインのポイント付近ではしっかり下落している。
2019_0211_1 - コピー (2)

・損益値幅でいえば利確しだいですがしっかりとした収益は上がりそう
・ただしサポートラインを超えたところにストップをしっかりと入れる
(むらさきの線 or 早めに見切るのであればグレーの線で)


■ストップ値の入れ方についてまとめ
・ストップ値入れてても急な値動きだと刺さらない
・ストップ成行だととんでもないところで刺さる
・両方入れておく!一発退場は絶対確実にとめるべき!


■レバレッジまとめ(ここが最初にして最大の問題)
・ツイッター情報にあった高レバレッジで強制ロスカットを試した
 ⇒ダメだわストップ滑ってダメージでかい
・安定性を考えるとレバレッジは低いほど安全
・証拠金の少なさからレバレッジかけ勝ち…
・最大想定の値幅で負けても余裕有るレバレッジでポジションを取る
・証拠金がいっぱいあれば1倍から3倍くらいで枚数持ちたいなぁ…理想は
・証拠金少なくてもまずは3倍くらいでやるべきだ!
(今は10倍前後。急な値動きのストップ値失敗時に大きく減らして休業中)


■利確についてまとめ
・レジサポラインに指値利確(図の青線)
・もしくは二度目跳ね返されたあたりの切り上げ値でとりあえず利確が結果的に有効な気がしてる(図の黄色線)
2019_0211_1 - コピー (2) - コピー


■値上げ部分のについてまとめ
・ありえないことは無いと思っていた
・ツイッター界隈は「ロングは有り得ない」しか無かったので自信無くノーポジ
・よくあるカップアンドハンドル形状でしたよね…今さら言っても結果論ですが。
2019_0211_1.png


■近々についてまとめ
・やはり「ショート以外ありえない!は無い。」これだけ揉んで最終的に三角持ち合いも見えてて
⇒彼らのポジトークでしたよね。きっと。
・常に状況は変わる
・ツイッタ情報は一歩遅い物
・自分の判断で勝とう!
・自分の判断で負けよう!
・資金管理は他を参考にしよう!
・負けるにしても、勝つにしても!自身の成長のためにもっと自分を信じよう!
・人に流されていたら自己の判断の結果が出ない
・最終的には誰も信じない
・最終的には自分で判断する(判断力を上げていくためにも)
・負けなしの人なんて絶対にいない!
・すべては収支を勝ちにするために判断!(ルール、ルール、ルール)
・やっぱり4時間足でのトレードが安定しそう(エントリ時は最短でも15分足完成を見てから)

ツイッターうつ病アカウント優しい人多い説

私はうつ病になってからツイッターを始めました。

アカウント自体は仮想通貨を始めたときに作成して主に情報収集に使ってましたが、
呟きしたり、返信したりしてちゃんと使い始めたのは去年の年末からです。
SNSと向き合っていくに伴いツイッターについて考えてみます。

■私が好きなアカウントは
・他者への思いやりを持っている
・基本やさしいスタンス
・辛いながらにも何か頑張っていて勇気をくれる
・鬱という状態でも可能なときは明るい雰囲気を出す様にしている
・有益な情報を発信している


■嫌いなアカウント
・エロげーばっかり
・エロばっかり
・会話が成立していないウザ絡み
・けんか腰(SNS上だけだろどうせ)
・批判しているけどまったく理解はしていない
・考えなしに周りに流されて乗っかっているだけ
・背伸びした自慢(見栄)


■今のところ私のブロックリストは
エロげーの呟きしているウザ絡みの会話が成立しない人だけ


ちゃんと使い初めてから二ヶ月くらいですが、1割未満の人のせいでツイッターが嫌になるのは勿体無いと思うので、
ブロックとミュートはしっかり使っていこうと思っています!www

こうして見ると「SNSで好き嫌い」と言うよりは「普段からの好き嫌い」と一致してました!
SNSも結局は人と人と言うことですね(*≧∪≦)

引きこもり勝ちなうつ病患者にとってSNSは数少ない世間との接点ですし
今後とも上手にSNSとの向き合っていこうと思います!ヾ(o´∀`o)ノ

そうだね!と思ったらランキングの応援クリックもぜひお願いいたします!

「障害者マーク」について (その他障害)

今回も「障害者マーク」について勉強になります。

前回うつ病に関連をピックアップしましたが自分の関係するものだけ勉強するのもフェアじゃない気がするので、今回はそれ以外のマークについても勉強をしていきます。

■盲人のための国際シンボルマーク
2019_0206_2.png
世界盲人連合で1984年に制定された盲人のための世界共通のマークです。視覚障害者の安全やバリアフリーに考慮された建物、設備、機器などに付けられています。信号機や国際点字郵便物・書籍などで身近に見かけるマークです。
 このマークを見かけた場合には、視覚障害者の利用への配慮について、御理解、御協力をお願いします。

⇒視覚障害者のためのマークですね。正直見かけた記憶が無いです。意識すれば見えてくるのか、あまり存在していないのか…


■身体障害者標識(身体障害者マーク)
2019_0206_3.png
肢体不自由(したいふじゆう)であることを理由に免許に条件を付されている方が運転する車に表示するマークで、マークの表示については、努力義務となっています。
 危険防止のためやむを得ない場合を除き、このマークを付けた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。
先天的か後天的かを問わず、四肢の麻痺や欠損、あるいは体幹の機能障害のため、日常の動作や姿勢の維持に不自由のある人を指す。

⇒四肢とは両手両足ですね。欠損や麻痺での身体障害者が車につけるマークの様です。
初心者マークの様な表示義務はなく、任意(努力義務)との事です。
健常者が特に注意すべきはここですね。
”危険防止のためやむを得ない場合を除き、このマークを付けた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。”


■聴覚障害者標識(聴覚障害者マーク)
2019_0206_4.png
聴覚障害であることを理由に免許に条件を付されている方が運転する車に表示するマークで、マークの表示については、義務となっています。
 危険防止のためやむを得ない場合を除き、このマークを付けた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。

⇒こちらはそのまま聴覚障害者が車に表示するマーク。初心者マーク同様に表示義務が有るとの事。
 ”危険防止のためやむを得ない場合を除き、このマークを付けた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。”


■ほじょ犬マーク
2019_0206_5.png
身体障害者補助犬法の啓発のためのマークです。
 身体障害者補助犬とは、盲導犬、介助犬、聴導犬のことを言います。「身体障害者補助犬法」では公共の施設や交通機関はもちろん、デパートやスーパー、ホテル、レストランなどの民間施設では、身体障害のある人が身体障害者補助犬を同伴するのを受け入れる義務があります。補助犬を同伴することのみをもってサービスの提供を拒むことは障害者差別に当たります。
 補助犬はペットではありません。体の不自由な方の、体の一部となって働いています。社会のマナーもきちんと訓練されているし、衛生面でもきちんと管理されています。
 補助犬を同伴していても使用者への援助が必要な場合があります。使用者が困っている様子を見かけたら、積極的にお声かけをお願いします。

⇒補助犬マークはどこに表示されるのでしょう?そもそも犬好きなので補助犬でもチワワでもいつでもウェルカム!下記知らなかったですが義務なんですね。
”デパートやスーパー、ホテル、レストランなどの民間施設では、身体障害のある人が身体障害者補助犬を同伴するのを受け入れる義務があり”


■耳マーク
2019_0206_6.png
聞こえが不自由なことを表すと同時に、聞こえない人・聞こえにくい人への配慮を表すマークでもあります。
 聴覚障害者は見た目には分からないために、誤解されたり、不利益をこうむったり、社会生活上で不安が少なくありません。
 このマークを提示された場合は、相手が「聞こえない・聞こえにくい」ことを理解し、コミュニケーションの方法等への配慮について御協力をお願いします。

⇒これもどこに表示されるのでしょうか。普段見かけないマークですね。デザインが個性的過ぎて意図が伝わりにくいという点が×。こういったマークこそ社会全体として勉強が必要だと思います。
手話なんてできないぞ?どうやって助けたら良いでしょうか?今だとアイフォンのメモでやり取りとかでよいのかな


■オストメイト/オストメイト用設備マーク
2019_0206_7.png
オストメイトとは、がんなどで人工肛門・人工膀胱を造設している排泄機能に障害のある障害者のことをいいます。
 このマークはオストメイトである事と、オストメイトの為の設備(オストメイト対応のトイレ)があることを表しています。
 このマークを見かけた場合には、オストメイトとして身体内部に障害のある障害者であること、及びそのトイレがオストメイトに配慮されたトイレであることに、御理解、御協力をお願いします。

⇒排泄機能の障害、トイレに表示される様ですね。多目的トイレなどに表示されているのでしょう。こんどから意識してみましょう。どうしようもない時…多目的トイレ使ってました。お腹が緊急時に…


■ハート・プラス マーク
2019_0206_8.png
「身体内部に障害がある人」を表しています。身体内部(心臓、呼吸機能、じん臓、膀胱・直腸、小腸、肝臓、免疫機能)に障害がある方は外見からは分かりにくいため、様々な誤解を受けることがあります。
 内部障害の方の中には、電車などの優先席に座りたい、障害者用駐車スペースに停めたい、といったことを希望していることがあります。
 このマークを着用されている方を見かけた場合には、内部障害への配慮について御理解、御協力をお願いします。

⇒内臓に障害のある方のマークで、精神障害と同様になかなか外見で判断できないのと、患者さんも多そうですのでぜひ知っておきたいマークですね。


■「白杖SOSシグナル」普及啓発シンボルマーク
2019_0206_9.png
白杖を頭上50cm程度に掲げてSOSのシグナルを示している視覚に障害のある人を見かけたら、進んで声をかけて支援しようという「白杖SOSシグナル」運動の普及啓発シンボルマークです。
 白杖によるSOSのシグナルを見かけたら、進んで声をかけ、困っていることなどを聞き、サポートをしてください。

※駅のホームや路上などで視覚に障害のある人が危険に遭遇しそうな場合は、白杖によりSOSのシグナルを示していなくても、声をかけてサポートをしてください。

⇒視覚障害者のSOSシグナル運動普及のためのマーク…自身では困ってても声をかけにくい方がいるのでしょうね。白い杖の人が「すいませ~んっ」って言ってくれただけでも全然普通に声かけますけど。


■蛇足
東京オリンピックも近いことですし、日本語がわからない外国人観光者向けのマーク、サインがあってもよいかも!
英語はしゃべれませんけどなんか言ってることは伝わるし、よく駅のホームで「スイマセン…アサクサ」とか言われます!なぜ私にした!英語できませんけどこれ乗って4個!見たいになんとかジェスチャーで頑張ってましたっ!おばちゃんとか外国の方とかによく声をかけられます。助けてくれそう顔してるのかなぁ?これは良いことなのでしょうか?

「障害者マーク」について (うつ病関連)

今回は「障害者マーク」について勉強していきたいと思います。
いくつかの種類がありますが今回は手始めに一番自分に関係のある、うつ病に関連しそうなものをピックアップしていきます。

■障害者のための国際シンボルマーク
2019_0206_1.png
障害者が利用できる建物、施設であることを明確に表すための世界共通のシンボルマークです。マークの使用については国際リハビリテーション協会の「使用指針」により定められています。
 駐車場などでこのマークを見かけた場合には、障害者の利用への配慮について、御理解、御協力をお願いします。

※このマークは「すべての障害者を対象」としたものです。特に車椅子を利用する障害者を限定し、使用されるものではありません。

⇒ショッピングセンターの入り口付近などでよく見かけるマークですが、私は完全に車椅子用だと思ってました。
世界共通の国際シンボルマークなので海外でも通用するようです。ただ個人的には混雑している施設や、高速パーキングのトイレ付近などでは身体障害者のために空けておこうかなと思います。


■ヘルプマーク
2019_0206_11.png
義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることができるマークです(JIS規格)。

 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

⇒精神障害なども含まれるとの事です。そして入手が簡単らしく悪用も問題視されているようです。
本来の目的は
「援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が、助を受けやすくなるよう作成されたマーク」
ですが
「どう見ても見た目が健常者なのにヘルプマークをつけている」みたいな勘違いもありそうです。
この取得に一定の条件(例えば障害者手帳保持など)を設けつつ、マークの意味が広く知れ渡たればもっと良い制度になると思います。非常におしい…もう少し精査したらもっと良い物になると思うのですが…


■障害者雇用支援マーク
2019_0206_10.png
公益財団法人ソーシャルサービス協会が障害者の在宅障害者就労支援並びに障害者就労支援を認めた企業、団体に対して付与する認証マークです。
 障害者の社会参加を理念に、障害者雇用を促進している企業や障害者雇用を促進したいという思いを持っている企業は少なくありません。
 そういった企業がどこにあるのか、障害者で就労を希望する方々に少しでもわかりやすくなれば、障害者の就労を取り巻く環境もより整備されるのではないかと考えます。
 障害者雇用支援マークが企業側と障害者の橋渡しになればと考えております。御協力のほど、よろしくお願いします。

⇒障害者雇用に積極的な企業が提示できるマークです。このマークが有る起業は、障害者雇用してますよ。の意味です。普段見かける機会は無かったような…当時は健康だったからですかねぇ?


■まとめ
皆さんはこれらのマークの意味や存在を知ってましたでしょうか?
私はほとんど知りませんでした。

自分が活用する側になってから知るのではなく、健康なときにも知っていたらもっと…
いや…そういえば私はわりと席を譲るタイプの人でした。

空いてたら優先席にも座りますけど、お年寄りやら妊婦さんマークやら小さい子供連れやら
普通に譲ってました!!

あまりに辛いときには活用しようと思いますが、そもそも辛いときは引きこもり…
私は活用する機会はほとんど無さそうですね。
。゚(゚^∀^゚)σ。゚

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»