FC2ブログ

ストップ利確と2020年ライトセイバーのヒゲ取り報告

持っていたショートポジションは
年明けとともに始まった
ライトセイバーでストップにかかりました。

直後にMAでの上げどまり
により再度成り行きでショート

からのたった今利確。

この新年と共に
上げてからの下げる動きは

大口さん両建て解消での動きらしく
毎年恒例らしい。
(Twitter情報。知らなかった)

■15分足
2020_0101_1.png


■4時間足
2020_0101_2.png

基本戦略としては
水色ライン意識での戻り売り戦略です。

上昇値幅期待値が小さい下落トレンドではショート以外しない。
たぶん。

上昇の見込み、期待値が小さいため、
小さい上昇から大きな下落で損をするため。

上昇して絶対にラインまで届くの?
っていう理由。

ロングするなよ。
未来の俺。
言ったからな。

トレンドを感じろよ?

ビットコイン!お前が見た逆三尊は幻だ!

ショートポジションが
良い感じに伸び
追撃もして

良い感じになってます。

とは言え
「動いた値幅が小さいので、一発で状況がひっくり返る可能性がある」
とも思ったので利確範囲にストップは入れています。


2019_1231_1.png

逆三尊の可能性について言及しましたが
ちょっと雲行きが怪しくなってきました。

せめてこの変で一発大きく上げないと
逆三尊には厳しいような気がします。
ヨコヨコでも可能性が消えそう…

もうその可能性はすでに…
なのかも。


2019_1231_2.png

フィボナッチ的にもこの辺で反発が有っても良い気がしますが
まだ
「大きな反発は見えない」

上からのショートなので
反発が見えないのならば
利確する理由もありません。

逆三尊には厳しい空気感を感じますが…
どうなるんでしょう。

割と奇麗目な形で
成立に期待していたのですが。。


現状トレード的には放置して
見ておくだけ。

日帰り温泉でもいこうかな
ヾ(*´∀`*)ノ

あれがこうだからこうしてみた。

まずは短期目線で
否定のどーーんも期待しつつ
これがこうで

■4時間足
2019_1229_5.png

こっちがこう
■1時間足
2019_1230_2.png

そしてこう
■15分足
2019_1229_6.png


なので指値でショートした。
もう少し上にも指値をおいている。

昨晩の上昇の勢いは
大き目の売りの出来高で一旦終了していると感じる。
(大きい買いの出来高一発で覆るけども)
各4時間足の決定時刻付近で判断していきたい。

昨晩抑えられて引いたラインを超えるまでは…
という現在の心境のショート。
ヾ(*´∀`*)ノ

あ~。ストップかかっちゃった。

ヒゲ部分で利確にささってしまいました
(゚´Д`゚)゚


2019_1230_1.png

悔しいけど
しょうがない。

特に後悔はない。
と思ってる。
(含み益時の利確ラインはマイルール通りだったから)

また拾い直しですけど
今拾っても寝くなるので

起きたら考える。
最悪逆三尊ネック付近でも良いし。

下がりそうな気もするし。
寝ます。
たぶん。

様子見します。
たぶん。
(゚´Д`゚)゚

KAZMAX

あっ!
KAZMAXさんツイートしてる…


■今年世間を騒がせた三尊系トレーダーKAZMAXさんの元ツイート
https://twitter.com/Kazmax_83/status/1211289726667280384?s=20

EM9dlbYUEAAwUMg.jpg

やっぱりこの形で逆三尊で見てた!

この人は
KAZMAXさん

ここ数年ツイート見てるけど
特にスイングトレードのトレンド転換付近の分析能力がすごい!

そしてその部分は
初心者の大部分の人が一番足りない部分なんだと思う

そこの判断があっていれば
変な逆張りも減るし
利確目標にもなる。
手を出さない判断もできる

レベルアップの為にも
この人の動向、発言は逃せない

薬物騒動やら
保釈金が少ないだの
そんなささいな事はどうでもよい。
(とは言え、ヤクブーツはヤメロ)


単純にトレーダーとして
年齢年下だけど関係ない
尊敬に値する一人

そしてTwitterですごくためになる情報をツイートしてくれる。
今のところ有料サロンに入ろうとは思わないけど。

人気者でアンチも多い
言葉の一行切り取られて
騒がれる。

人気者は大変なんだなぁと思う。

少しでもツイートの意図をくみ取れた
くみ取れるようになった事。

今回のツイートの件で
自分自身の成長を多少感じますww


ロングポジションにKAZMAXさんお墨付きもらえたので
ネックライン付近からのウソぴょん暴落は無いって事でお願いしたい。
ヾ(*´∀`*)ノ

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»